お金を払って誰かの力を借りることは悪いこと?

 

自己啓発本を読むことも一つの方法ですが、自分一人でやれば思考の樹海に迷い込んで自滅する可能性が高いです。私がお勧めするのは、お金を払って誰かの力を借りることです。具体的にはコーチングやカウンセリングを受けることです。

なぜお金を払ってと書いたかと言えば、お金を払うと自分の腹が痛みますよね。自分で稼いだお金、稼ぐのに苦労すればするほど払うときに痛みを伴う人も多いでしょう。この痛みこそが人生を動かす燃料、車で言うガソリンになります。今はメルマガを登録して無料のコンテンツを手に入れられたり、YouTube等で無料の動画がたくさんありますね。

でも、無料のコンテンツを手に入れたり、無料の動画をいくら視聴しても結果は同じです。その動画やコンテンツが有料級、あるいは有料のものを超える素晴らしい内容であっても同じでなんです。痛みの伴わない行動には感情が入ってないから身につきません。感情が入ってない、つまりは本気になれないことをいくら続けたところで本当の意味で身につかないんです。

身につかないことは忘れます。すぐに忘れます。痛みを伴ってないからです。必死になって稼いだお金を使うのは誰だって怖いですよね。それが何十万、ときに100万円、何千万円だとしたらとてつもない恐怖を伴います。だから、本気にならざるをえません。

もしコーチングや講座に100万円払ったら、痛みを伴い簡単に忘れることはないですよね。成長には痛みが必要な理由をわかっていただけたかと思います。この辺りがまだ理解できない人の多くは、「そんなこと言って払わせたいだけでしょ」と自己啓発を詐欺師か何かのように疑います。多くの人は自己啓発を疑いの目で見ています。99%の人が自己啓発に失敗し成功できないのは疑いが拭い去れず行動できないからです。

自分の潜在能力や可能性を信じるという自己啓発を確信できる場所まで上がってこれないのです。私の知人からこんな人の話を聞きました。「僕の友人で、300万する情報商材を買ったら、PDFが一枚で、中にはインターネットで探せるようなくだらない情報が書いてあるだけだった。と言ってた人がいたよ。でもね、彼はなんとかそれを取り返そうと必死になってインターネット上で使えるある画期的なシステムを開発することを思いついたんだって。彼、今じゃ億単位の金を稼いでるよ

このエピソードが自己啓発の本質をすべて物語っています。何を学ぶかにはほとんど意味がありません。というかどうでもいいことです。

学び行動に移し、学んだことそのものよりも、学んだことをどう生かすかが重要なんです。たとえ騙されたと思えるような情報ややり方でも、このエピソードの方のように学ぶ人は学び、ノウハウを構築してお金に変えて成功を手にします。さて、ここまで読んでみてあなたはどう思われましたか?自己啓発には意味があるでしょうか?意味がないでしょうか?この質問には何の意味もないと気づいた方は自己啓発で成功する可能性が大いにあります。

おすすめのFX口座
FXSuit

「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックが可能な数少ないFX口座。 海外口座ではあるがFXSuitは条件・保障も良い。海外口座独自の強みを生かせる。

口座開設 公式サイト
おすすめの記事